HOME
 溶接材料と超音波探傷検査

1.溶接材料

ステンレス鋼・炭素鋼と組合わせるステンレス鋼溶接材料一覧(推奨例)を,以下に示す。認定材料は、実工事の適用に当たり,国土交通大臣の認定を確認する必要がある。また,Bで始まる溶接材料は,ステンレス構造建築協会規格SSBS 201「建築構造用ステンレス鋼溶接材料」を示し,耐力値も規定している。


■共金継手(ステンレス鋼−ステンレス鋼)

鋼材 種別 被覆アーク
溶接棒
フラックス
入り
ワイヤ
溶加棒
および
ソリッドワイヤ
サブマージ
アーク溶接
ワイヤ
SUS304A
SCS13AA-CF
SUS304A
SCS13AA-CF
指定材料 D308
(BD308)

D309Mo
(BD309Mo)
YF308
(BYF308)

YF309Mo
(BYF309Mo)
S308
(BS308)
認定材料 BD308L

BD309MoL
BYF308L

BYF309MoL
BY308

BY308L

BY309Mo

BY309MoL
 
SUS316A SUS316A 指定材料 D316
(BD316)

D309Mo
(BD309Mo)
YF316
(BYF316)

YF309Mo
(BYF309Mo)
S316
(BS316)
認定材料 BD316L

BD309MoL
BYF316L

BYF309MoL
BY316

BY316L

BY309Mo

BY309MoL
 
SUS304N2A SUS304N2A 指定材料
認定材料 BD308N2 BYF308N2 BY308N2 BS308N2
注: 使用する材料は、通常母材と同一成分系の溶接材料を使用する。しかし、一般的に309Moまたは309MoL系溶接材料は、308系および316系溶接材料より強度が高いことから、必要な場合は309Moまたは309MoL系溶接材料を選定することができる。


■異材継手(ステンレス鋼−ステンレス鋼)

鋼材 種別 被覆アーク
溶接棒
フラックス
入り
ワイヤ
溶加棒
および
ソリッドワイヤ
サブマージ
アーク溶接
ワイヤ
SUS304A
SCS13AA-CF
SUS316A 指定材料 D308
(BD308)
YF308
(BYF308)
S308
(BS308)
認定材料 BD308L BYF308L BY308

BY308L
 
SUS304A
SCS13AA-CF
SUS304N2A 指定材料 D308
(BD308)

D309Mo
(BD309Mo)
YF308
(BYF308)

YF309Mo
(BYF309Mo)
S308
(BS308)
認定材料 BD308L

BD309MoL
BYF308L

BYF309MoL
BY308

BY308L

BY309Mo

BY309MoL
 
SUS316A SUS304N2A 指定材料 D316
(BD316)

D309Mo
(BD309Mo)
YF316
(BYF316)

YF309Mo
(BYF309Mo)
S316
(BS316)
認定材料 BD316L

BD309MoL
BYF316L

BYF309MoL
BY316

BY316L

BY309Mo

BY309MoL
 
注: 使用する材料は、通常母材と同一成分系の溶接材料を使用する。しかし、一般的に309Moまたは309MoL系溶接材料は、308系および316系溶接材料より強度が高いことから、必要な場合は309Moまたは309MoL系溶接材料を選定することができる。


■異材継手(ステンレス鋼−炭素鋼)

鋼材 種別 被覆アーク
溶接棒
フラックス
入り
ワイヤ
溶加棒
および
ソリッドワイヤ
サブマージ
アーク溶接
ワイヤ
SUS304A
SCS13AA-CF
400N級
490N級
指定材料 D309
(BD309)

D309Mo
(BD309Mo)
YF309
(BYF309)

YF309Mo
(BYF309Mo)
S309
(BS309)
認定材料 BD309L

BD309MoL
BYF309L

BYF309MoL
BY309

BY309L

BY309Mo

BY309MoL
 
SUS316A 400N級
490N級
指定材料 D309
(BD309)

D309Mo
(BD309Mo)
YF309
(BYF309)
YF309Mo
(BYF309Mo)
S309
(BS309)
認定材料 BD309L

BD309MoL
BYF309L

BYF309MoL
BY309

BY309L

BY309Mo

BY309MoL
 
SUS304N2A 400N級
490N級
指定材料 D309Mo
(BD309Mo)

D309
(BD309)
YF309Mo
(BYF309Mo)

YF309
(BYF309)
認定材料 BD309MoL

BD309L
BYF309MoL

BYF309L
BY309Mo

BY309MoL

BY309

BY309L
 
注: 使用する材料は通常390系の溶接材料を使用する。しかし、上記と同様な理由で309Moまたは309MoL系溶接材料を使用することが出来る。また、SUS304N2A鋼との異材継手の場合は、高窒素母材より窒素の侵入や、継手としての強度特性を考慮すると309系溶接材料よりも309Moまたは309MoL系溶接材料を使用するほうが望ましい。
309系のサブマージアーク溶接材料を使用する場合、母材の希釈が大きくなりやすいため、施工条件の選定には十分な検討が必要である。


■ステンレス鋼溶接材料一覧(規格との対応表)・・・PDFPDF

 

2.ステンレス建築構造溶接部の超音波探傷

ステンレス建築構造溶接部の超音波探傷に関しては、(社)ステンレス構造建築協会規格SSBS 401「ステンレス建築構造溶接部の超音波探傷検査基準」(平成16年12月14日制定)を参照されたい。
なお、RB-S対比試験片については、ステンレス構造建築協会で準備しており、注文いただければ、対応します。


Copyright(c) 2007 Stainless Steel Building Association of Japan All Rights Reserved.